インプラント(人工歯根)とは?

インプラント治療とは歯が抜けてなくなってしまった所に人工の歯根(インプラント)を埋め込み、
その上にクラウンなどの人工の歯をかぶせる治療です。
我孫子ホワイト歯科ではカルシテック(Calcitek)やアロー・インプラント(Arrow Implant)を使用しています。

歯が抜けてなくなってしまった場合、従来は取り外し式の義歯、あるいは隣の歯を
削ってブリッジを作っていましたが、様々な欠点がありました。

義歯の欠点

  • 取り外し式のため毎日の手入れが面倒である。
  • 違和感、異物感が強く、また発音にも障害がでる。
  • 見た目が良くない。

ブリッジの欠点

  • ブリッジを支える歯には大きな負担がかかる。
  • 隣の健康な歯を削らなければいけない。


インプラントを使用することによってこのような従来からの治療法の欠点から解放されます。

インプラント治療の特徴

・外観が自然である。
・固定式であり、義歯のように毎日はずして洗う必要がない
・天然の歯とはほとんど同じような感覚で噛むことができる。
・ブリッジのように隣の健康な歯を削る必要がない。また負担もかからない。
・手術の必要があり、一般的に治療期間は長くなります。(2ヶ月〜6ヶ月程)

治療の手順

・レントゲン、模型などによって十分な診査を行った後、顎の骨の形をよりよく把握し、安全に手術 を行えるようX線、CTも使用しています。
・手術は局所麻酔で行い時間は1時間ほどです。(ケースにより異なります。)

・インプラントが骨に付くまでの間、手術後、約3ヶ月〜6ヶ月待ちます。
・型をとり人工の歯をかぶせます。
・インプラント治療はホームケアが大切です。ブラッシングをしっかり行い、半年に一度は定期的検診を受けましょう。