杏雲ビル歯科 Kyoun Building Dental Office 御茶ノ水駅より徒歩2分!平日19:00まで診療

杏雲ビル歯科ブログ

杏雲ビル歯科ブログ

杏雲ビル歯科ブログ
BLOG

2018.06.09 昔に神経を取った歯が痛くなってきた!なぜ?どうしたらいい?

神経を取った歯が痛くなる三つのパターン。

 

神経を取った歯が痛くなる原因としては三つのパターンがあります。

 

一つは、昔に行った根管治療中に、歯根に穴があいてしまい、それに気がつかずにそのまま土台を入れて被せ物を装着してしまうことで骨への炎症が起こり痛みを誘発するパターン。よくよく診査してみると時々このパターンに出会います。

 

次に良く目にするのが根管治療後の歯根が折れてしまい、その割れ目を辿って、口の中の菌が骨にまで到達してしまい、骨に炎症がおこり痛みをだすパターン。

このパターンは割と多いです。レントゲンやポケット診査で判明することがあります。

歯根破折で症状が出ているケースは抜歯となるのが現在のところ基本方針です。

 

そして一番多いのは、以前に行った根管治療の際に、細菌の取り残しなど処置自体が雑であったり、また根管治療後に装着した土台、被せ物の質が悪かったため、根管内への細菌の侵入や再繁殖の結果、細菌が骨にまで侵入しているパターンです。根管内に菌が侵入し、さらに菌が骨まで達すると炎症を起こして、痛みが起こります。

 

今回は、歯根に穴が開いたわけでもなく、歯根が割れたわけでもないのに痛みがでてきてしまう一番多く目にするパターンについての治療法を動画を使用して解説します。

 

上のレントゲン写真では、根管治療が適当なため、赤い範囲に骨の炎症が確認できます。

 

 

 

治療法は感染を防ぎながらの、再治療。

 

治療法は単純で以前の被せ物、土台、根管内に詰めた根充材をひたすら取り除き、

その後、根管内を綺麗にして再度根管内に菌が繁殖しないように根充し、

土台を立てて、被せて行くだけです。

 

 

再治療の難しいところは、前回の治療時に詰めた根充材、土台の除去でしょうか。この除去がまず大変です。なんせ前回の治療の時には、外れないように、菌が侵入しないように!と考えて装着したものを取り除こうとするの骨の折れる治療工程となります。

 

以下の動画は実際に杏雲ビル歯科で行われた再根管治療の動画です。参考にしてください。

根管内の根充材の除去に色々な道具を使用しているのが分かると思います。

 

前回の治療の失敗を繰り返さないためにも、根管治療から、その後の土台、被せ物に至るまで、細菌の繁殖、侵入を防ぐことを念頭にいれて、患者さんも治療法を選択しないと再度失敗します。

 

 

 

PAGETOP