杏雲ビル歯科ブログ

杏雲ビル歯科ブログ

2016.02.06 歯周病になってしまう前に、知っておきたいこと。

歯周病は歯を支える骨が溶ける病気。

 

虫歯は歯そのものが感染して柔らかくなって穴があく病気です。口の中を鏡で覗き込めば黒くなっていたり、舌で触れば穴が開いている為、自分で確認しやすいです。

一方、歯周病は歯を支えている骨が失われていく病気です。このように説明されても、ほとんどの方はイマイチぴんとこないこと思います。口の中の骨と言われてもほとんどイメージできないためだと思います。

骨は歯の下に見える赤い色をした歯茎の下に隠れています。よく歯磨き粉の宣伝などで、歯が柔らかいトマトの上に刺さっている映像が流れますが、実際の歯の半分くらいは硬い骨の中に埋まっています。下の骸骨の写真を見ていただくと歯が骨の中に埋まっている様子がわかっていただけると思います。

骨がなくなって行く病気。よくよく考えると直接見えないだけに余計に怖いですが、症状、原因、予防方法、治療方法を知って行けばそんなに怖くはありません。まずは敵を知ることが大事です。

 

 

52611e5ede0ff64b2393a367f1116559_s

 

 

 

歯周病の原因と症状。

 

骨がなくなる原因は、虫歯と同様に口の中の細菌が原因です。歯の歯茎に近いところに細菌が停滞したままでいると、歯茎が赤く腫れて、歯磨きの時に出血してきます。ほとんどの方は少なからずこのような経験はしたことがあると思いますが、この段階はまだ歯周病の初期段階で、骨の上の歯肉に炎症が起こっただけの状態です。

この状態を放置し続けると厄介なことに歯ブラシでは簡単に落とせない硬い歯石となって歯にこびりつきます。こうなると雪だるま式に、さらに細菌がこびりついて歯と歯肉の間の奥の方にまで侵入し、歯肉の炎症が骨にまで達します。

こうなってくると本格的な歯周病です。骨が溶けてなくなるため、歯がグラグラしてくる。骨の中まで細菌が入り込み、膿がでて口臭がしてくる。炎症のため頻繁に痛みと出血を伴う。これらが主な症状です。


39382f23c527ed1186d55d33e89c2b15_s

 

 

 

なんで骨がなくなるの?

 

歯茎の近いところに細菌が停滞すると、なぜ骨がなくなって行くのか、細かいメカニズムは非常に複雑ではっきりとしていないところもあります。以下は一臨床家としての一つの解釈です。

 

人間には体内に入り込んだ異物を排出する防御反応があります。綺麗な歯であれば、当然自分の身体の一部分として認識します。しかし歯石がべったりとついた歯はどうでしょうか?もはやそれは身体の一部分である正常な歯とは認識せず、骨に突き刺さった異物として認識します。骨に突き刺さった異物を排出する為には、骨を自分で吸収して、骨をなくします。こうして、汚れた歯はグラグラとなり最終的には抜けおちて、無事に身体のそとに追い出すことができます。

人の身体の防御反応は非常に良くできてます。しかし私たち人間の立場としては、そう簡単に歯が抜けおちてしまっては困ります。そうならないための予防法と、歯周病になってしまった時の治療法について次回以降の記事に書きたいと思います。

 

4637e83695bde9147d923495efdcc788_s

 

 

 

 

 

 

PAGETOP