歯がすり減る 歯ぎしり

歯ぎしりについて

一般的な治療法は、スプリント(マウスピース)を装着し、歯ぎしりの負担を軽減させます。

歯ぎしりの原因はストレスである可能性が高いため、ストレスを軽減することが最も重要です。

当院では、噛み合わせ治療を行う前に、原因をしっかり把握し、納得のいく説明を行った上に治療を行いますので、噛み合わせが気になる方は安心してご相談下さい。

歯ぎしり(ブラキシズム)

歯ぎしり(ブラキシズム)は、歯をすり合わせたり強く噛みしめたりする行為です。

自覚の無い方も多いかもしれませんが、睡眠時など無意識に歯ぎしりをしている方も多いです。

下記に歯ぎしりが及ぼす悪影響をいくつか記載いたします。
当てはまるものがございましたら、早急に治療が必要となりますので、ご相談ください。

歯ぎしりがおよぼす悪影響

  • 歯が折れる、すり減る
  • 歯の根の破折
  • 被せ物や詰め物が外れる、割れる
  • 義歯が割れる
  • 歯周病の悪化
  • 顎関節症の悪化
  • 肩こり、腰痛、偏頭痛、あごの疲れ、目の奥の痛みなどの体調不良
  • 横で寝ている人の迷惑になることがある
  • 睡眠時無呼吸症候群との関連性が指摘されている

歯ぎしりすることの問題点と対処法

『歯ぎしり』『くいしばり』の問題点は、歯に異常な荷重がかかってしまうことにより、歯本体や、歯に入れた修復部が破損してしまうことです。

また口の周りの筋肉や顎の関節などに負担がかかり、痛みにつながったりすることもあります。

単純にやっていて良いことはなく、悪影響しかありません。
かつては、歯ぎしりの原因が噛み合わせが悪いことに起因しているとして、対処法として、噛み合わせの調整などが行われていましが、最近の一般的な流れとしてはこのような咬合治療は行われないです。

対処法として、まず簡単にできることは睡眠の質を高めることです。夜にコーヒーを飲むのをやめたり、深酒をやめたり、できるだけリラックスできる状況で眠りにつくなどの生活習慣の改善を行います。

生活習慣を改善しても『歯ぎしり』『くいしばり』が止まらないとなると、遺伝的要因が原因になっている可能性があえります。

そうなると現段階ではどうしようもないです。
次善の策を立てましょう。

そこで就寝中に歯の保護をするためにマウスピースを作り、それは寝る時につかって貰います。

このマウスピースの目的は『歯ぎしり』、『くいしばり』を止める事が目的ではなく、あくまでも歯や顎の関節、筋肉への負担を軽減することにより悪影響を軽減する事が目的となります。

気になる方はぜひ一度、歯科医院にご相談を。

ブログ

Related article関連記事

  • 2018.11.30

    寒くなって来たこの時期。歯ブラシや冷たい水で、しみる。でも虫歯じゃないってどういうこと?

  • 2018.1.18

    なぜかやってる就寝時の『歯ぎしり』と『くいしばり』。その原因と対処法。

関連記事一覧

口腔内をトータルサポートお悩み症状別

私たちにご相談ください

私たちにご相談ください

患者さんが安心して通える歯科医院を目指して、日々技術の向上や勉強に励んでおります。

そのため、お子様、社会人、御高齢の方、どなたでも『患者さんに喜んで頂け歯科治療と予防』を提供できると自負しております。

お口のお悩みがございましたら、まずはご相談ください。

ご予約はこちらから

杏雲ビル歯科 御茶ノ水駅から徒歩1分の歯医者

診療時間 日・祝
9:30~13:00 -
14:00~19:00 -

※土曜日は18時まで
新患・急患随時受付 / 休診日:日曜・祝祭日

〒101-0062
東京都千代田区駿河台2-2 御茶ノ水杏雲ビル1F

JR御茶ノ水駅より徒歩1分
東京メトロ新御茶ノ水駅より徒歩2分

TEL:03-3292-3777