歯科用CTはこんな時に役にたちます。(インプラント編) Blog

インプラントは骨の中にチタンのネジを入れる治療方法です。

インプラント治療は歯が無くなった時に、その部位の穴埋めするために行う治療です。
骨に穴を開けて、チタンのネジを入れて失われた歯を人工的に再建します。

詳しくは過去のブログhttps://www.nikoraikai.org/news/346を参照してください。

 

チタンのネジの太さ、長さをどう選択するか?
骨のどの位置から入れていくか?どの方向に、どれだけの長さを入れるか?

これらを検討するには、術前に骨の形態を詳しく把握する必要があります。

 

その形態を把握するためには活躍するのがCTです。

 

 

 

 

 

骨の中には太い血管と神経、あるいは大きな空洞があります。

顎の骨の中はどこまで掘っていっても、ずーと骨だけがあるわけではありません。
穴を掘っていけば、そこには太い血管や、おきな空洞が出てきます。

チタンのネジ(インプラント)がその血管、神経とぶつかったり、空洞にネジが突き出してしまうと大きな問題が生じます。

ですからその血管、神経、空洞までの距離はどれだけあるのか、どのような幅で存在しているのかを
術前に知る必要があるのです。

レントゲンでもある程度はわかりますが、ある程度です。

 

 

このようなレントゲン写真では平面的な情報しか得られません。

 

 

 

CTのおかげで、術前にシミュレーションができる。

 

杏雲ビル歯科には、院内に CT撮影が可能な機器の設備があり、インプラントを検討している患者さんには、必ずCT撮影を行います。

CT撮影をすることでパソコン上で血管、神経、骨の中の大きな空洞の位置などが分かるだけでなく、どのような長さ、どの太さのインプラントを使用するか?をパソコン上で検討することができます。

さらに下の左の写真のようにパソコン上で、想定したインプラントを骨の中に設置した状態をシミュレーションできます。
また術後にも撮影し、実際の手術に問題がないか。術前のシミュレーション通りにできているかの確認をしています。

 

 

術前のシミュレーション 術直後のCT撮影

 

 

 

御茶ノ水の歯医者 杏雲ビル歯科

日付:  

口腔内をトータルサポートお悩み症状別

私たちにご相談ください

私たちにご相談ください

患者さんが安心して通える歯科医院を目指して、日々技術の向上や勉強に励んでおります。

そのため、お子様、社会人、御高齢の方、どなたでも『患者さんに喜んで頂け歯科治療と予防』を提供できると自負しております。

お口のお悩みがございましたら、まずはご相談ください。

ご予約はこちらから

杏雲ビル歯科 御茶ノ水駅から徒歩1分の歯医者

診療時間 日・祝
9:30~13:00 -
14:00~19:00 -

※土曜日は18時まで
新患・急患随時受付 / 休診日:日曜・祝祭日

〒101-0062
東京都千代田区駿河台2-2 御茶ノ水杏雲ビル1F

JR御茶ノ水駅より徒歩1分
東京メトロ新御茶ノ水駅より徒歩2分

TEL:03-3292-3777